.

能登川園
  • 電話番号
  • 求人情報
  • ボランティア募集

看取り介護
「できるだけ、なじみのみんなと過ごしたい。穏やかに最期の時を迎えたい」という希望をかなえるために、能登川園では看取り介護をおこないます。

老衰や病気などが原因でご利用者の心身が弱ったり、食事を摂ることができなくなったりして回復がむずかしいと医師に判断された場合、ご利用者のとご家族の希望、意向に沿って、住み慣れた能登川園で最期を迎えるお手伝いをすることです。

残された時間を大切に、悔いなく過ごしていただくために、現場の介護、看護職員はもちろん、施設長から事務担当者も加わって、能登川園職員全員で日々の暮らしをサポートします。

ご家族には仕事などで能登川園に来れない間も安心していただけるよう、情報連絡体制を整え、ご利用者には不安や寂しさを感じることがないよう、なじみの職員が、見守りと声掛けをおこないます。



不安や寂しさを感じることがないように見守りと声かけを行います。

ご家族には心身の疲労や負担に配慮しながら、可能な限り一緒にいられる時間を確保する一方、仕事などで施設に来られない間も安心していただけるように、連絡・情報提供体制を整えます。


能登川園での看取りについて
施設における「看取り介護」は、ご利用者が人生を全うするお手伝いをするもので、若いころどのような仕事をされ、ご家族とともにどのように生きてきたか。年老いた今、残された人生をどのように生きたいと望んでおられるのか。関係を深め、コミュニケーションを重ねることでご利用者の価値観、死生観を感じ取ることができ、その個性を尊重するケアが可能となります。

このようなことから、看取り介護は日々のケアの延長線上にあります。日ごろから、ご利用者、ご家族の言葉に耳を傾けて、その気持ちを尊重して接することが必要だと思います。
能登川園は、そんなケアを目指したいと考えます。

※看取り介護には、ご家族の協力が必須となります。また、医療的な問題から全ての方を対象とさせていただくことができませんのでご了承ください。
詳細につきましては、入所契約時などに相談させていただきます。